単身引越しをする場合

単身引越しをする場合、引越し業者に依頼をして引越しをした方がいいのか、それとも自分自身や周囲の身近な人たちだけで引越しをした方がいいのかと悩むことがあります。

私の経験上、これは荷物の量や引越し先までの距離によると思っています。
荷物の量が多いのなら、いくら単身引越しとは言え、それ相当の作業が必要となってくることでしょう。
また、引越し先が遠いのなら、移動に時間がかかります。

ここはプロの手に任せた方が効率よくできるように思うのです。
というわけで、まずは引越し業者から見積もりを取ってみることをお勧めします。
多くの引越し業者では無料見積もりとなっているため、この時点までは費用がかかりません。

複数の引越し業者から無料見積もりを取って、料金や内容などを比較してみましょう。
料金や内容に納得できるのであれば、引越し業者に依頼してしまった方が楽だと思います。
一方、荷物の量が少なく、近距離への単身引越しであれば、これは個人的に行ってしまった方が断然お得です。

レンタカーを借りて行ってもいいと思いますし、小さな荷物ならマイカーで何往復かすれば簡単に運ぶことができるはずです。
また、周囲の身近な友人や家族などに協力をしてもらえれば、もっとスムーズに引越し作業も終えることができると思います。

家族はいいとしても、友人や知人に作業を手伝ってもらったら、多少のお礼は必要です。
お昼代を出したり、アルバイト代を少し出したりしてあげるといいと思います。

 

単身引越しはどこにお願いする?

荷物は少な目だけど、梱包から引越し業者の手配まで1人でしなければいけない単身引越し。
お金もあまりかけたくないし、どうしたらいいのか不安、という方は多いですね。

格安な単身引越しというと、以前は、小さな引越し業者や名前の知れた中堅どころの得意分野でしたが、最近では大手の宅配業者でもリーズナブルなプランが登場しています。

まずは、自分の荷物のリストを書きだして、どのくらいの容量ならいくらでできるのか、チェックしてみましょう。
一括見積サイトももちろん便利なので利用したいところです。

参考:http://www.tanshinhikkosi3pts.com/

ただし、一括見積の業者リストに登場しない場合は、大手の単身パック系も併せて自分でチェックしておきましょう。

一般的に単身パックと言われる専用ボックスで積みこめる容量の目安は、2ドアの中型冷蔵庫1台、洗濯機1台、20インチ薄型テレビとテレビ台1つ、電子レンジ1台、掃除機1台、カラーボックス1つ、衣装ケース2段、姿見、布団1敷き、段ボール箱3箱~5個くらいが目安のようです。

普通に生活するのに必要な家電と布団、洋服、その他雑貨という感じですね。
中には、これより少ないという方もいるかもしれません。

最近は家電製品をレンタルできるマンションも多いので、その場合には、大きな家電製品はなく、パソコン1台に洋服、ちょっとしたインテリアくらいですね。

その場合には、さらにミニサイズのボックスで運ぶことも可能です。
逆にけっこう荷物が多いという場合は、軽トラックや2トントラックの出番です。
軽トラックでもボックスタイプの3倍くらいの荷物が積めるようです。

アート引越センターの単身引越しパックのサービス内容と料金

 

妹が単身で引越しをした時

わたし自身は単身での引越しの経験はないですが、わたしの妹が専門学校に入学した時に単身で引越しをしました。

妹はショッピングが大好きで、洋服やバッグなど荷物がこれでもかというほどあったのですが、それらのほとんどは実家に置くことにしたのでほとんど荷物がなかったため、単身での引越しでしたが引越し業者は利用せず、妹は東京に行くのに合わせて宅配便で荷物を送りました。

専門学校の寮に入ることが決まっていたので、生活用品などは必要ないですし、当面着る服だけ持って行けば問題ないと思ったからです。
もっとも、寮が男子禁制だったので、引越し作業は親族のみでしてもらいたいと言われたからかもしれません。

その寮では、寮生の母親が1週間ほどホテル暮らしをして、娘の引越しを手伝うことが多いそうで、寮からおすすめのホテルの一覧ももらってきたのですが、母が1週間もホテル暮らしすることを嫌がった結果、それで引越しは当面必要なものを宅配便で送るだけでいいだろうということになりました。

それで、妹は実家から段ボールが届くたびに、自分で部屋に運ぶことになったそうです。
妹が専門学校に進学して寮で生活を始めてから、ずいぶん段ボールを宅配便で送ったと思います。
その都度、送料が高いと母がこぼしていました。

もしかして、その宅配便の送料を合計すると、引越し業者に依頼した方が安上がりだったのかもしれません。
母はそのことは口にしていませんがきっとそうだと思います。

 

おすすめ

オーダーメイド表札
ご注文を受けてからイタリアの工房で1点1点手作業でお作りします